2014年11月18日

がんの知識|入院の準備(2)


本当に必要な身の回り品だけを用意する。

あれもこれもと考えるうちに、両手で抱えきれない私物となってしまうかも知れません。病院内にはコンビニや売店があります。生活雑貨以外にも、術後に必要となる品物まで揃えられています。大部屋の場合、占有面積は狭いですし、退院時の負担も考えておかなければなりません。

入院の手引きなどにも書かれていると思いますが、念の為に、もう一度ご一緒に確認して行きましょう。

必ず用意しておかなければならない物

診察券、入院申込書(入院の為の承諾書や誓約書など)、認印(朱肉が使える印鑑)、現在服用している薬と処方箋薬局で貰う薬の一覧(お薬手帳があれば用意しておく)

必要な生活用品(院内で安価で買える物があるか確認しておくと良いでしょう)

大きめのパジャマ類(前開きの物)、その上から羽織る物(前開きの物)、大きめの下着や靴下、バスタオルやフェースタオル(多め)、コップや歯ブラシ・石鹸などの洗面具、シャンプー(体・髪)・リンスなどの入浴具、お箸や爪楊枝などの食事具、すべりにくいスリッパ、ハンガー、洗濯ばさみ、(病棟に洗濯機があれば)洗剤、ティッシュペーパー、ビニール袋、時計、ノートと筆記具、入院後に受け取る書類を入れるファイル、少額のお金(小銭)、輪ゴム、手鏡、エコバック(院内移動・買い物用)

必要に応じて準備する物

限度額適応認定書(前述の高額医療費)、食事療養費の標準負担額減額認定証(あなたの所得によって減額が受けられます)、生理用品、イヤホン、外出着(スエット、スニーカー)、書籍など気晴らしになりそうな物

※スマホ(携帯)、タブレット、PC、その他のAV機器は使用制限を確認しておきます。持ち込み不可の物もあります。

治療前と治療後では、精神的にも身体的にも大きな違いがあるかも知れません。担当医や看護師のちょっとしたアドバイスにも耳を傾けておきましょう。
ラベル:持ち物 入院
posted by 風と空 at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 病院 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。