2014年11月24日

がんの知識|サポートを受ける前に(1)


少しだけ心構えが必要です。

がん相談支援センターであれ、ピアサポートであれ、患者会であれ、事前に過大な期待を抱くべきではありません。それぞれがあなたにとっての手助けとなる事は間違いありませんが、相手も人間である以上、お互いに何らかの違和感を持つ事もある筈なのです。

サポートする側の経験や能力によっても大きく左右されるでしょう。

私のいたがん相談支援センターでも明暗が分かれていました。相談員である看護師の知識や性格によるアドバイスの方向性です。片やは人情家で、患者さんやご家族様の心の問題に重きを置いておられました。もう方やは理論家で、医師もたじたじとなる位に豊富な知識を持っておられました。初めて相談支援センターを訪れる患者さんが、どちらの面談を受けるかは五分と五分です。

ご自身が求めておられるサポートによっても、運と不運が分かれるのではないでしょうか。

特にがんを宣告されたばかりで、どう受け止めるべきなのか、何をどんな風に考えれば良いのか、本当に自分はがんなのか、その辺りで迷路に迷い込んでいる患者さんには、ご自分が必要とされているサポートの内容さえ見当が付かないに違いありません。

感情の起伏も激しくなっている筈です。

淡々とお話をされる相談員やサポーターの方もおられるでしょう。ご一緒にハンカチを握りしめて泣いて下さる患者会の方もおられるでしょう。もしかしたら、生涯大切にして行きたいと思うような素敵な出会いが待っているかも知れません。

普段のあなたではないからこそ、その判断も左右に大きく振れて行く筈なのです。

過大な期待を抱いて意気消沈される事のないよう、できるなら心のより所や情報源は複数持っておく事が適切です。あなたをがっかりさせたがん相談支援センターも、他の病院になら頼りになる相談員がいるかも知れません。

お薦めファンタジー「スカーレットグリムリーパー」
タグ:心構え 期待
posted by 風と空 at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/409480822
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。