2014年11月28日

がんの知識|在宅での療養(1)


ご家族の負担を軽減する。

引き合いに出すのは軽率に思われるかも知れませんが、大震災などの天変地異が起こるたびに日本人の我慢強さが強調される事には違和感を覚えます。本当に援助を必要とされている被災者の皆さんの声を、感動的な美談ばかりを並べる事で、知らぬ間に封殺している気がしてなりません。

それぞれのご家庭に、それぞれの抱えるご事情がある筈なのです。

声を上げる事をためらうべきではありません。人に助けを求める事に羞恥心を感じるべきではないのです。恵まれた富裕層のご家庭であっても、がん患者さんの療養を支えるとなれば心の負担は計り知れません。ましてや経済的に厳しい状況下のご家族様であれば、在宅で看て行く事自体に無理があるのではないでしょうか。

がん相談支援センターを訪れるご家族様の中には、にわかには信じ難い在宅介護を強いられている方が大勢おられました。壮絶な痛みを伴う終末期の患者さんであれば尚の事です。介護されている方が口を揃えて言われていたのは、自分が背負うしかない、と言う四面楚歌のむごい現実ばかりでした。

ご家族だけで面倒を見る事が理想の姿では決してありません。

どんな制度やサポートも、それだけで全てが解決する筈もないのです。しかし、小さな物をひとつひとつ積み重ねて行けば、あなたやご家族様の負担が大きく軽減されるかも知れません。「どうせ…。」と「きっと…。」が違う様に、何とかならないだろうかと声を上げる事が大事なのです。あなたが悲嘆に暮れて打ちひしがれているだけでは、得るべき情報が向こうから勝手にやって来る事もありません。ただ闇雲に一人で抱え込む道をご家族の方に選択させないで下さい。
ラベル:療養 在宅
posted by 風と空 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 療養 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。