2014年12月06日

がんの知識|介護保険(2)


利用できるサービス「訪問サービス」

●訪問介護(ホームヘルプ)
日常の食事・排泄・入浴などが困難な状態であれば、ホームヘルパーがご自宅を訪問して介助してくれます。又、生活必需品の買い物を代行したり、家事全般(炊事・洗濯・掃除んど)を決められた時間の中で行ってくれます。

●訪問入浴介護
ホームヘルパーでは対処できない状態の患者さんの場合、看護師などを含むチームがご自宅に伺い介助します。

●訪問看護
在宅医などと連携を取って、訪問看護ステーションの看護師や保健師がご自宅に訪問します。診療や手当て、療養の為のお世話をします。

●訪問リハビリテーション
理学療法士(歩行など基本的な動き)や作業療法士(物を書く・作るなどの動き)などがご自宅を訪問します。日常生活での自立を助ける為のリハビリを行います。ただし、末期の場合は、抗がん剤などの影響で骨がもろくなっているかも知れません。担当医医の診断や助言に基づいて行うべきでしょう。

●居宅療養管理指導
医師、歯科医。薬剤師などがご自宅を訪問します。医学的な管理や指導を行います。

利用できるサービス「通所サービス」

●通所介護(デイサービス)
外出が可能な患者さんが対象です。デイケアセンター(送迎有)へ通い、日常動作の訓練や食事の支援を受けます。各種のレクレーションや、一年を通じたイベントなどにも参加します。

●通所リハビリステーション(デイケア)
設備の整った病院や診療所、あるいは老人保健師施設に自力で通い、理学療法士や作業療法士の指導を受けてリハビリを行います。

posted by 風と空 at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 療養 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。