2014年12月23日

がんの知識|費用(3)


利用できる制度「建て替えの負担を軽くする支援」

●高額療養費貸付制度

前述の高額医療費の手続きを保険者に対して行った加入者が対象です。これも予め申請を済ませておくことで、医療機関の窓口で支払う個人負担額(1~3割)の8割程度を無利子で貸し付けてくれる制度です。

●高額療養費受領委任支払い制度

この制度も各保険者への事前の申請が必要です。この手続きが行われていれば、患者さんは高額療養費に当たる部分を支払わなくて済みます。それに相当する額を保険者が直接あなたの治療を行う医療機関に支払ってくれるからです。ただ、加入している保険によっては、この制度の適応がない場合もありますのでご確認下さい。

●小児慢性特定疾患医療費助成制度

小児慢性特定疾患(がん、腎炎、糖尿病、ぜん息、など)の治療費が対象です。税額控除後の家族の所得に応じて支払う上限が定められています。その自己負担金額を越えた部分が助成されます。手続きは各市区町村の健康福祉センター、又は保健所担当課などで行って下さい。

●高度障害者、障害児医療費助成制度

心や体に重度の障害を持つ患者さんが医療機関で治療を受けた場合、その自己負担分(1~3割)を助成する制度です。各市区町村の福祉課で身障者手帳の交付を受けなければなりません。又、これとは別に保健所などで受けられる難病患者への支援制度もあります。

※障害者年金について

あなたの生涯が特定の要件を満たしていれば、厚生年金や国民年金から「障害者年金」を受け取る事ができます。過去5年間にさかのぼって請求できる場合もありますので、手術等で大きなハンディを負ってしまった時は、必ず地域の社会保険事務所に問い合わせてみて下さい。支給される年金の複数月分や過去請求額の1割の額を目安に、審査が面倒で厳しい手続きを代行してくれる社会保険労務士も数多くいます。但し、個々の能力にはかなりの差がありますので、依頼した労務士次第で資格が得られなくなるかも知れません。特に高額となる過去請求を行う場合は、「初診日」や「一定期間経過後の診断」など、所定の項目の照明が必須となりますので最低限の記録の整理に努めておいて下さい。

障害者年金の受給は「身障者手帳」とも「介護保険」とも直接的には関連がありません。全く違う手続きであると理解して下さい。

posted by 風と空 at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 療養 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。