2015年01月27日

がんの知識|がんを知る(1)


がんはインベーダー(侵略者)ではありません

私たちの体は生まれた時から成長を続け、やがては成人となり、それぞれが長い時間を掛けて老いて行きます。元々は小さな受精卵だったものが、次々に細胞分裂を重ね、生命の維持に必要な体の各器官を形成して人間となるのです。

しかし、殆ど同じに思える私たち成人の体は、常に同一の細胞が支えているわけではありません。例えば石鹸で手を洗えば、汚れが落ちると共に表面の細胞も傷付けられ、次第に多くが劣化して剥がれて行ってしまうのです。もちろん新たな細胞がどんどん生み出されていますから、死滅した細胞や衰えた細胞の補充には何ら問題がありません。各器官に分化した細胞の中に書かれている情報が、それらを絶妙にコントロールしてくれているのです。

この見事な仕組みの情報は、私たちの細胞の「遺伝子(DNA)」が持っています。

がんはその遺伝子の情報に変化が起きる事によって、細胞の一部が凶悪化するのだと分かって来ました。そう、がんはウイルスのように外部から侵入するインベーダーではないのです。言わば身内の中の裏切り者、細胞の反逆者であると言う事をご理解しておいて下さい。しかも、がんは正常な細胞から分裂した体の一部である事にも変りがありません。つまりは、あなた自身の細胞の仲間でもあるがゆえに、がんだけを攻撃するのが非常に難しく、現代医学においてもまだ決定的な治療法が確立されていないのです。

誰もが一度は耳にした事のある抗がん剤は、戦争中にドイツが作った毒ガスの技術を応用しています。

遺伝子の制御が効かなくなって異常に増殖するがんの勢いを止める為に使われて来ました。当然の事ながら「がんの細胞分裂だけ」を叩く事は困難で、全身の正常な細胞の働きまでも大きく阻害してしまいます。髪の毛が抜け落ちたり、免疫力が極端に低下するのもこのためなのです。

がんは、あなたの体の一部です。手術で全てを切除するには、早期の発見以外にはありません。血液やリンパの流れに乗って全身に広がれば、もはやどんな名医にも打つ手がなくなってしまいます。現在のがん治療とは、「転移を防ぐ事に全力をそそぐ治療」だと言っても過言ではないでしょう。
posted by 風と空 at 19:08| Comment(0) | がんを知る | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。