2015年02月07日

がんの知識|がんを知る(3)


●ホルモン療法(内分泌療法)

実際のところホルモンの働き自体が全て解明されている訳ではありません。主に生命を維持する為に必要な情報伝達の役割を担っていると言われて来ました。生成される場所や種類も実に様々で、ごくごく微量な物が、必要に応じて血管などから運ばれて行きます。各器官の機能の調節や細胞の形成などにも大きく影響しているそうです。

乳がんや子宮がんの場合、女性ホルモンがその増殖に深く関わっています。前立腺がんの場合は男性ホルモンが影響を与えています。

ホルモン療法とは、ホルモンを分泌する器官を切除したり、その働きを抑える薬(皮下注射や飲み薬)を用いてがんの増殖を抑える治療です。

例えば乳がんのホルモン療法などでは、女性ホルモンが減少する為に生理が止まり、のぼせなどの更年期障害に似た副作用が起こります。術後、数年に渡って投与される事が殆どですが、抗がん剤に比べれば体に及ぼす負担は遥かに軽いと言えるでしょう。

※投薬が終われば直ぐに生理も戻って妊娠も可能です。しかし、人生設計の面からも担当医からさらに詳しい情報を得て、ご家族様とも十分に話し合っておいて下さい。

●分子標的治療

主に「抗体」を利用する治療法です。抗体とは血液や体液の中に存在する糖タンパク質の分子で、外敵(ウイルスや細菌)などを捕えるガードマンの働きをしてくれています。侵入した特定のタンパク質(抗原)を見付けると、自ら結合し、まずは外敵の動きを封じます。後から駆け付けた白血球やマクロファージがその複合体を食べて消滅させるのです。これらが「免疫」と呼ばれる仕組みですね。

がんを抗原とする抗体(分子標的薬)を投与する治療法を分子標的治療と言います。又、がんによって傷付けられた遺伝子から作られた「異常ながんの性質の原因となるタンパク質」だけを攻撃する物質を使用する事もあります。

抗がん剤である事に変りはありませんが、がん細胞だけを狙い撃ちにする事から、正常な細胞がダメージを受ける事は少ないとされて来ました。しかし、これも症例が増えるに従って、最近では皮膚への深刻な副作用なども明らかとなっているようです。

つい先日も有名な大手の医薬品メーカーが、抗がん剤の副作用のデータを隠ぺいしていたとして告発されました。がんに対する決定的な治療法がない中で、これらも過大な期待の出来る治療法ではないのかも知れません。
posted by 風と空 at 10:38| Comment(0) | がんを知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。