2015年02月22日

がんの知識|がんを知る(5)


●MRI(磁気共鳴撮影)

磁場を利用して体の内部を撮影します。磁場とは磁石や電流の周りに存在する力の及ぶ範囲の事で、N極S極のある棒磁石の上に白い紙を置いて、砂鉄を巻いて出来た模様を見た記憶があるのではないでしょうか。CTとは違い被ばくの心配が無い為に、何度も繰り返して行う検査や、妊婦や小さなお子さんの検査にも安心です。但し、心臓にペースメーカーを埋め込んでいる患者さんなどは、.予め医師に申し出て相談しなけれなりません。

強い磁場を発生させる為に、検査中はかなり大きな音が鳴ります。勿論、それ自体は人体に影響を及ぼすものではありませんが、寝台に乗ったまま狭い筒状の空間に20分以上も閉じ込められるので、鳴り続ける音も含めてかなりのストレスを感じる事は間違いありません。

こちらも造影剤を使用する場合がありますので、アレルギーのある方は申し出ておいて下さい。

MRIも断面映像を撮影する事に変りはありませんが、CTとは違って様々な角度からの撮影が可能なのです。

骨の断面や脊髄、骨盤の中など、CTでは撮影が難しい部分も調べる事が可能です。但し、肺の内側などの撮影には不向きなようです。

●PET(陽電子放出撮影)

「ペット」と呼ばれています。CTやMRIが体の中の「形」を撮影するのに対し、PETは体の中の「動き」を陽電子(ポジトロン)を利用して撮影します。腫瘍の組織の糖の代謝を調べる事で、がんの診断に使われて来ました。こちらも微量の被ばくがあります。

がん細胞に吸収されやすい薬(FDG)に弱い放射性物質を付着させ、薬剤を取り込んだがんの広がりや活動の様子を調べます。

FDGはブドウ糖に似ている為にがん細胞が吸収するのですが、必ずしも悪性の腫瘍細胞だけが吸収するとは限らず、他の検査と組み合わせる事で精度を高めています。FDGを注射後に寝台に乗って、やはり筒状の機械に入ります。放射能は時間の経過と共に弱まり、尿からも放出されますので、人体への影響もそれほど心配はありません。

posted by 風と空 at 09:03| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。