2015年03月07日

がんの知識|がんの病期(1)

がんの状態を知る

ひと言で「がん」と言っても、私たち一人一人の顔形が異なるように、がんにも様々な性質の違いがあります。医療者が良く口にするのは…。

「初発か再発か。」

「メタ(転移)はあるか。」

「末期か。」

この他にも、患者さんが80歳を超えていれば、手術はしないと言う暗黙の前提があります。

どんな部位のがんでどこまで広がっているのか。どんな治療法が効果的で、患者さんの体の負担が少なくて済むのか。先に行った各種の検査の結果を元に、無難な標準治療の範囲内でその方針を決めて行きます。

がんの病期を知る

今後の治療の予測を受け入れる為に、まずご自身の病期を知る事から始めましょう。

●がん治療の見通し

最初に医師の示すがんの選択肢は、大きく分けて二つあります。治療をするか、しないかです。前述の平均寿命に近い高齢者の場合など、手術や抗がん剤に耐え得る体力がない、既に全身に手にしていてがん細胞を取り切る事が不可能、などの場合は、がんと闘う治療は行わずに緩和ケアを勧められます。又、若年性(児童~40代位)の場合は非常に進行が速いので、手術を含めた治療を集中的に短期間で行う必要があります。

●がん治療の効果と実績

次に医師が示すのは治療法です。早期のがんであれば切除が第一の選択肢となるでしょう。同じがん種の患者さんに行われた過去の実績を挙げて、その治療法が最善である事を説明される筈です。しかし、例えば乳がんなどの場合、治療その物を受け入れる前に、女性としての尊厳や将来像など、簡単には乗り越えられない壁に立ち向かわなければなりません。若い男性医師は総じて未熟で、患者さんの想いに対する配慮が欠けています。ここは非常に大事な部分ですので、医師の言うがままに手術の予約をしてしまうのではなくて、一旦は帰宅して、ご家族や信頼のおける知人などにも意見を求めるべきかも知れません。

繰り返しになりますが、経験の浅い若い医師は切りたがります。本当にそれが唯一無二の最善の治療法なのか。術後の経緯、抗がん剤や放射線治療の効果、薬のふき作用、機能障害が残るか、など。がんの素人である患者さんは、後悔のない治療を慎重に選んで欲しいと思います。

●他の選択肢を模索する

担当医の説明に納得がいかなかったり、他の医師の意見も聞いてみたい場合は、治療法に対するセカンドオピニオン(既述済)を求める事ができます。又、病院が主催する患者会(既述済)やピアサポーター(既述済)などから、あなたと同じがん種の治療体験者(がんサバイバー)のアドバイスを得る事も出来ます。インターネットのブログなどの体験談でも、充分に参考となる良質な記事もあるでしょう。

しかし、一つだけ頭の隅においておかなければなりません。

それは医療の世界が本当に「日進月歩」であると言う事です。日々、新たな治療法や薬が開発され、わずか数年でアプローチや効果が激変している事もあるのです。より多くの確かな情報は、がんの治療を受け入れて行く上での最も重要な要素である事に違いありません。未熟な担当医や看護師の態度が不遜であっても、彼らがその情報に近い場所にいることも、残念ながら認めざるを得ない事実と考えて下さい。

ラベル:病期 選択肢
posted by 風と空 at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | がんの治療 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。