2015年03月14日

がんの知識|がんの病期(2)

●がんは5つの段階に分けられている(病期=ステージ)

がんは、さまざまな検査を経てから「どの部位か」「どれくらいの大きさか」「どこまで広がっているか」を元に、それが「どんながん」で「人体にどのような影響を及ぼして行くのか」を、採取したがん細胞の病理検査で行う病理診断に、一定の指標を加えて「病期」を決定して行きます。

がんを分類する場合の代表的なものが、TNM分類(国際対がん連合)が使用されています。

T因子:がんの大きさ

N因子:転移(周りのリンパ)はあるか

M因子;他の臓器への転移はあるか

上記を総合的に判断して大きく、0期、Ⅰ期、Ⅱ期、Ⅲ期,Ⅳ期、の5段階に分けています。0期は非常に早期の小さながんで、Ⅳはかなり進行した末期の状態となります。

これらはあくまで基本なので、がんの種類や遺伝子の特性、腫瘍マーカーによる分類、それに患者さんの状態などから更に細かく分類がなされて行きます。

●病期に対する標準的な治療

患者さんの病期が決まれば、治療の方法について選択しなければなりません。しかし、医療の世界は日進月歩であり、最近は訴訟のリスクも増えて来ました。日々の外来患者の診察や手術などで多忙な医師たちが、あらゆる最新の情報を自力で入手して、現段階でのベストな治療を独自に選ぶ事は非常に困難なのです。

そこで利用されているのが、専門家らの作成した「診療ガイドライン」と呼ばれる手引書です。特定のがんの状態や一般的な患者さんの症状に合わせて、最も適切な治療が即座に判断出来るよう系統的にまとめてあります。

世界、あるいは国内で推奨されている治療を、「スローチャート」や「アルゴリズム」などを用いて分かり易く解説しています。但し、法的な拘束力は一切ありません。
※フローチャート:「はい」「いいえ」で回答に辿り着く流れの手引き
※アルゴリズム:コンピュータのプログラムのように、回答を得る為の計算式、又は手順の定義されたもの。

先にも述べた通り、このガイドライン(標準治療)に従う事で、医師たちの負担とリスクが大幅に軽減されています。その一方で、個別の患者さんに合わせた臨機応変な治療が殆ど行われていないのも厳然たる事実なのです。

posted by 風と空 at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | がんを知る | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/415582551
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。