2015年03月29日

がんの知識|がんの手術の知識(2)


手術当日(朝から食事も水分も取れません)

「病室での患者さんの準備」

手術着以外は何も身に着けていない状態にします。

時計、眼鏡、コンタクトレンズ、アクセサリーはもちろん、入れ歯も外しておきます。手術室へ移動する前に、下着も脱いでおいて下さい。

●弾性ストッキングを履く

がんの手術は長時間(10時間以上)に及ぶことがあります、全く動かない状態で水分の補給もない為、血の流れが悪くなり、血栓(血が固まって詰まること)ができるリスク(肺塞栓、心筋梗塞、脳梗塞など)が高まります。これを防ぐ為に使われているのが、特殊な編み方をした弾性ストッキングなのです。下肢全体を強く圧迫して、静脈から血液を心臓に押し戻してくれます。自然、全身の血の流れがスムーズになって、恐い合併症を予防できると言う訳です。

●排便

消化器系の手術を受ける場合は、下剤や浣腸で排便を促して空の状態にしておきます。

●点滴

手術の前、手術中、手術後も、体を整えるための点滴を受けます。

●リストバンド

本人確認のためのリストバンドを着けます。

●鎮静剤

通常はストレッチャーや車椅子で手術室まで移動しますが、歩いて行く事もあります。予め鎮静剤などの注射を受けて、少しぼんやりとした状態で向かう事もあります。

「手術室に入った後」

●手術前準備

患者さんは手術台に寝かされます。本人への名前の確認が最初でしょう。心臓や呼吸の状態を確認する為の器具が取り付けられ、大きな布に覆われて手術する部分の消毒がなされます。

●麻酔

麻酔ガスや点滴、あるいは硬膜外麻酔と言って、背中に管を入れて行う場合があります。重要なのは、患者さんご自身がリラックスし、呼吸を整えて行く事です。余分な麻酔の投与は受けたくありません。又、硬膜外麻酔を行った管は、術後に痛み止めの薬剤の投与などにも使われます。

●手術

手術は大きく分けて2つの事を行います。まず、がんの切除と周囲のリンパ節の切除です。その後に行われるのが再建です。これは切除して失われた部位の外観や機能を補う為の手術です。人工的な器具を埋め込んで代用、あるいは補助をして行く場合もあります。最後に創(きず)口を縫合します。手術室を出る頃には、次第に麻酔から覚めて来る筈です。

●ドレーン

手術は体を傷付ける事です。当然、出血を伴って、大量のリンパ液が一斉に補修しようと傷口に集まります。これらの余分なものを、体の外に排出しなければなりません。体に付けたドレーンと呼ばれる管から、外部にぶらさげたビニール袋に流して行きます。手術後、一定期間を経て外されます。

posted by 風と空 at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | がんの手術 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。