2015年04月18日

がんの知識|抗がん剤(薬物療法)の知識(1)

抗がん剤とは何か。一言で言えば「がん細胞の殺し屋」です。がんの種類や特性に合わせたさまざまな種類の薬が使われています。患者さんの体力や病期にもよりますが、効果の違う複数の抗がん剤を組み合わせての集学的治療を受ける事が多いでしょう。

抗がん剤には大きく分けて、化学物質によってがんの増殖を抑え、がん細胞を破壊する化学療法(ケモ)と、がん細胞の分子だけが持つ特徴を標的にした薬を使う分子標的治療とがあります。

飲み薬の他に点滴を行う事があります。

●抗がん剤のメリットとデメリット

がんの本当の恐ろしさは、一重に「転移すること」にあると言えるのではないでしょうか。その生命力は凄まじく、異常な速さで増殖を繰り返すばかりではなくて、自ら新たな血管まで張り巡らし、周囲の栄養をどんどん摂り込んで肥大化して行くのです。

そればかりではありません。発症した部位に収まり切らなくなったがんは、臓器や骨肉から滲み出し、リンパや血液の流れに乗って全身へと勢力を拡大して行くのでした。これこそががんの転移の正体です。否、自ら侵略を行うだけではありませんした。にわかには信じ難い事ですが、まさかにがんの手術の際にも転移は起こってしまうのです。

一体、どう言う事なのか。

医師の技量によるところが大です。つまり「取り切れずに残ってしまったがん細胞」や「切除の際に周囲へこぼれ落ちてしまったがん細胞」が、創口から血液やリンパへと流れ込んで、そのまま全身に広がって行くのでした。再発の原因ともなる、知られざる深刻な問題なのです。

抗がん剤は、こうした二次的なリスクを軽減する為にも使われて来ました。

しかし、何と言っても悪名高いのはその副作用です。かなりの個人差がありますが、それなりの覚悟と体力がなければ治療を受けられません。

以前にもお書きしたように、がんは細菌やウイルスの如きインベーダーではないのです。ある時までは共に仲良く暮らしていたあなた自身の身内の細胞でした。がんの殺し屋である抗がん剤の強い効き目は、殆ど見境いなく健全な細胞まで攻撃してしまうのでした。

免疫力の低下は想像以上で、極端に言えば、風邪を引いただけでも命の危険に晒されるのです。生ものの摂取は論外で、一度封を切った食品は食べきらなければいけません。.雑菌だらけの歯ブラシの使用も注意が必要なのでした。できる限り外出は避けて、消毒されていない物には極力触れない様に心がけましょう。特に医療者からは、治療中にバナナを口にしないよう注意を受ける筈です。真偽のほどは分かりませんが、バナナの皮は雑菌を防ぐ力が弱いとの事でした。

女性にとっては、髪が抜け落ちてしまう事が心の負担となります。抗がん剤の治療さえ終われば元通りに生えて来ますので、それまでは帽子やウイッグなどでしのいで頂くしかありません。ただ、中には悪質な業者も存在していますので、粗悪なウイッグを高額で買わされる事のないように用心して頂きたいと思います。

※公共性の強い医療機関の盲点は、パンフレット等を置かせる業者を逆に限定出来ない事でした。余程のトラブルが連続して起きない限り、彼らを患者の前から排除する事が出来ません。「病院にあるパンフレットだから安心」と、大きな誤解をされない様にして下さい。

大変にカルシウムも不足してしまいます。食べ切りタイプのヨーグルトなど、特に含有量の多い製品を選んで摂取しましょう。入院前に、予めチェックしておく事をおすすめします。

posted by 風と空 at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 抗がん剤 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。