2015年05月02日

がんの知識|抗がん剤(薬物療法)の知識(3)


余りに公平性を欠いていると言うご指摘も聞こえて来そうなので、ほんの少し医療者の側に立ったお話もしてみます。

外来を抱える医師は本当に多忙でした。患者さんと直接関わる仕事以外にも、非常にたくさんの細々とした雑務を抱えているのです。朝早くから夜遅くまで、実に献身的に働く医師も大勢みえました。患者さん一人一人の心に寄り添う「ヒマ」など、彼らには到底ありません。懇切丁寧に、質問された事以外まで詳しくお話しする余裕は全くないのでした。

冷たいのではなくて、時間に追われているのです。だから、あれやこれやと取り留めのない質問をして、無駄な時間を掛けさせる患者さんに、如実に嫌な顔を向けてしまうのでした。

患者さんの側にも、一定の節度とマナーは必要でしょう。あなたの担当医が、他の患者さんに掛けるべき時間を闇雲に奪ってしまってはいけません。今まで述べて来た「何でも遠慮なく担当医に質問する」事と、あなたの不安な気持ちに延々と付き合わさせる事は全く違うのです。だからこそ、このブログで質問したい内容を整理して、例えそれが聞きにくい内容であったとしても「的確に」医師が答えやすい様に治療の方針を問い質して欲しいと願います。

それでは化学療法の副作用について、もう少し詳しく解説しましょう。

●アレルギー

アトピーやぜん息、花粉症をお持ちの方に限った話ではありません。初めて投与される薬剤との相性の問題でもあるのです。急な発疹が表れたり、ひどいかゆみの起こる場合があるかも知れません。不整脈や血圧の低下、最悪の場合には呼吸困難に陥る事もあるのです。なるべく早い段階で、軽い症状の場合でも必ず担当医に申し出て下さい。

●免疫低下

私たちの血液は骨の中にある「骨髄」と言う組織で造られています。抗がん剤の標的となる、活発に細胞分裂を繰り返す場所でもありました。この骨髄の機能が低下すると、「栄養を運ぶ赤血球」「免疫の為の白血球」「傷口を塞ぐ血小板」などが減少して行きます。中でも好中球が減る事で、細菌や真菌(かび)への抵抗力が極端に失われてしまうのでした。(骨髄抑制)

外部の水や空気、食べ物に触れる部分を中心に感染の可能性が高まります。肌はもちろん、口から腸に掛けての消化器系、肺や尿路に至るまで、全身が危険にさらされていると理解して下さい。

突然に風邪の症状が表れたり、痰や咳が出る、尿が濁るなどしたら要注意です。又、肌に腫れが出来たり、急に発熱したりも大変に危険です。化学療法の開始後10日前後が一つの目安ですで、自覚症状があれば直ぐ担当医に申し出ましょう。

看護師の説明する注意事項に耳を傾けて、うがいや手洗い、マスクの着用、生ものは避ける、柔かい歯ブラシを使う、など規則正しい生活で体力を温存しておいて下さい。


      


癌治療学会で発表!全分子フコイダンエキスの効果
posted by 風と空 at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 抗がん剤 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。