2015年05月09日

がんの知識|抗がん剤(薬物療法)の知識(4)

●悪心(おしん:吐き気のこと)や嘔吐(おうと:はくこと)

薬剤が脳の神経を刺激して起こると考えられています。症状には大幅な個人差があります。強い吐き気を感じたら担当医に伝えましょう。又、嘔吐した場合、あなたの体力も心配です。食欲がないなど、栄養の経口摂取が難しい場合も、必ず主治医に相談して下さい。その他にも、精神的な不安が同じ症状となって現れる場合があります。充分な睡眠が取れない。涙が止まらない。胸が苦しい。など、心の負担を感じたら担当医に申し出て、精神科医の治療か臨床心理士のカウンセリングを受けてみて下さい。

これも繰り返しになりますが、心の強い弱いの問題ではありません。むしろ、人生において背負うべき物が多い立場の方ほど、心に受けるダメージや不安も大きいのではないでしょうか。ほんの少しの治療やカウンセリングで劇的に改善される場合もありますので、積極的に堂々と利用しましょう。まず、あなた自身の中にある「精神療法への偏見」を取り去るべきだと考えます。

※制吐剤と言う吐き気用の薬があります。又、食欲がない時は、院内の管理栄養士が相談に応じてくれます。少ない量でも栄養価の高い食事や、あなたが普段食べやすいと感じている献立(麺類など)を参考にアドバイスし、可能な限りで病院食の変更も指示してくれます。

●便秘や下痢

便秘も下痢も腸内環境の悪化と言う意味では同じ症状であると言えます。薬剤の影響で腸の粘膜が減少したり、排便のための水分が不足(便秘)したり、過剰(下痢)になったりして起こるのでした。どちらの場合も水分の補給は欠かせません。めまいやふらつきなども脱水症状の一つであると考えて下さい。尿の量が少ないのも危険の目安です。

もちろん症状によって担当医から下剤や止瀉薬(ししゃやく:下痢止め)が処方されるでしょう。ただ慢性的に便秘や下痢を抱えている場合などは、入院前から緩和しておくことが望まれます。現在は生きたまま腸まで届く「胞子性乳酸菌」が有効であるとされています。胃酸で解かされない殻(胞子)で善玉菌が被われているからでした。通販などでもヨーグルト入りの物が入手可能です。

●口内炎(口腔粘膜炎)

これも薬剤が粘膜を減少させるために起こります。一番に注意が必要なのは、抗がん剤治療を受ける前に、虫歯や歯ぐき(歯周病)の治療を終えておく事です。特に歯周病はプラーク(歯垢)と呼ばれる細菌や細菌の排泄物の塊が原因です。以前は歯槽膿漏(しそうのうろう)と言われていました。大変に恐い病気ですので、完治しておくことが最善です。又、常にうがいを心掛けて、口の中の雑菌を増やさない事も有効です。歯ぐきを傷付けて出血し、血液への細菌の侵入を許す事のないよう、歯ブラシは刺激の少ない柔らかいものを使用して下さい。

お口は「細菌の入口」です。しっかりガードして行きましょう。

posted by 風と空 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 抗がん剤 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。