2015年05月30日

がんの知識|がん放射線治療(1)

脳メタ(転移)や骨メタした場合など、基本的には手術の難しい場所を対象にして行います。がん細胞にピンポイントで放射線を当てて破壊、又は縮小させるのでした。脳への転移はさまざまな症状を引き起こし、骨への転移は痛みがひどいため、主にこれらを抑える目的の対症療法として用いられます。

原理としては、猛烈な勢いで細胞分裂する遺伝子を壊して増殖を抑制し、あるいは古い細胞が自ら脱落して行く仕組みの遺伝子を活発化させて、がん細胞の数を激減させるのでした。X線、γ(ガンマ)線、電子線などを利用します。
※まだ研究段階ですが、この他に陽子線や重粒子線が先進医療として行われています。以前にもご紹介しましたが、「先進医療」とは、効果が定かではないために健康保険が適応されない治療法のことです。一般的に行われているこれまでの治療が勝っているかも知れません。万能であるかのような誤解をなさらないようにご注意下さい。但し、厚生労働省のホームページにアクセスすれば、どの病院(ほとんどが大学病院)で、どんな先進医療を行っているかが分かります。これも以下の様な点が前提となりますので、ご承知おき下さい。

・既に昇順治療を終えていること(他に適切な治療がない場合を意味します)
・治療によって改善・回復の見込みがあること(がんが末期の場合は門前払いされる可能性が高いです)
・高額な自己負担ができること(全額が自己負担です。治療費が数百万円に及ぶ事もあります)

などです。

放射線を使った治療には、臓器や器官の機能を温存できると言うメリットがあります。しかし、がんの種類や大きさなどによって効果も異なりますが、「放射線を照射するリスク」もあるため、その使用は担当医だけの判断ではなくて、放射線診断医や腫瘍内科医(薬物療法)、外科医など、専門医たちのカンファレンス(会議)によって慎重に検討されるのでした。

手術の前後に補完的な役割として用いられることもあります。出来る限り切除の範囲を狭めたり、切除に適さない部位のがんを消滅させるためでした。又、膵臓がんなどでは手術中に放射線を照射する場合があります。

現在の放射線治療は「がん治療の主役」ではありません。主と従で言えば、まだまだ従の立場でしかないのです。とは言え、このところ「免疫療法」が画期的な進化を遂げているように、新たに効果的な放射線治療が開発される日が来るかも知れません。ちなみにNHKのサイエンスZEROと言う番組で、最新の免疫療法に関する朗報が紹介されていました。非常に興味深い内容でいたのでご紹介しておきます。

「登場!がん治療を変える新薬 免疫のブレーキを外せ」


posted by 風と空 at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 放射線治療 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/419826223
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。