2015年02月22日

がんの知識|がんを知る(5)


●MRI(磁気共鳴撮影)

磁場を利用して体の内部を撮影します。磁場とは磁石や電流の周りに存在する力の及ぶ範囲の事で、N極S極のある棒磁石の上に白い紙を置いて、砂鉄を巻いて出来た模様を見た記憶があるのではないでしょうか。CTとは違い被ばくの心配が無い為に、何度も繰り返して行う検査や、妊婦や小さなお子さんの検査にも安心です。但し、心臓にペースメーカーを埋め込んでいる患者さんなどは、.予め医師に申し出て相談しなけれなりません。

強い磁場を発生させる為に、検査中はかなり大きな音が鳴ります。勿論、それ自体は人体に影響を及ぼすものではありませんが、寝台に乗ったまま狭い筒状の空間に20分以上も閉じ込められるので、鳴り続ける音も含めてかなりのストレスを感じる事は間違いありません。

こちらも造影剤を使用する場合がありますので、アレルギーのある方は申し出ておいて下さい。

MRIも断面映像を撮影する事に変りはありませんが、CTとは違って様々な角度からの撮影が可能なのです。

骨の断面や脊髄、骨盤の中など、CTでは撮影が難しい部分も調べる事が可能です。但し、肺の内側などの撮影には不向きなようです。

●PET(陽電子放出撮影)

「ペット」と呼ばれています。CTやMRIが体の中の「形」を撮影するのに対し、PETは体の中の「動き」を陽電子(ポジトロン)を利用して撮影します。腫瘍の組織の糖の代謝を調べる事で、がんの診断に使われて来ました。こちらも微量の被ばくがあります。

がん細胞に吸収されやすい薬(FDG)に弱い放射性物質を付着させ、薬剤を取り込んだがんの広がりや活動の様子を調べます。

FDGはブドウ糖に似ている為にがん細胞が吸収するのですが、必ずしも悪性の腫瘍細胞だけが吸収するとは限らず、他の検査と組み合わせる事で精度を高めています。FDGを注射後に寝台に乗って、やはり筒状の機械に入ります。放射能は時間の経過と共に弱まり、尿からも放出されますので、人体への影響もそれほど心配はありません。

posted by 風と空 at 09:03| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年02月02日

がんの知識|がんを知る(2)


手術後または手術以外主な治療法

●抗がん剤による薬物療法の注意点

医療者はケモ(ケモセラピー・chemotherapy)と呼びます。遺伝子の制御が効かなくなったがん細胞の増殖を妨げる目的で使われます。がんを破壊または縮小させる代わりに、強い副作用(かなりの個人差が有り)を引き起こします。ウイルスや細菌などに対する免疫機能の低下は深刻で、自分の歯ブラシを使用する際にも滅菌を心掛けなければなりません。充分に加熱された食べ物以外は原則として避けるべきで、開封後に冷蔵庫で保存した食品も好ましくありません。使い切りタイプの調味料や、食べ切りタイプの物が最善でしょう。賞味期限や消費期限とは意味合いが異なりますのでご注意下さい。特にバナナは、皮をむいていない新鮮な物でも雑菌が多く危険であるとされています。カルシウムも不足して骨折しやすくなりますので、多く含まれている食品(密封された小さいポーションの物を選ぶ)を積極的に摂りましょう。不必要な外出は控え、人ごみの中を歩かなければならない時は密着型(使い捨て)のマスクを必ず着けて下さい。

抜け落ちた髪も抗がん剤治療が済めば生えて来ます。粗悪なウイッグを高額で売り付ける業者もいますので、当初は安価なニット帽などで対処しましょう。病院内にパンフレットが置かれているからと言って、その業者を病院側が公認している訳ではありません。あくまで個人の責任となりますので、こちらも注意が必要です。ネットでの口コミも業者自身が書き込んでいる場合が多くありますから、がん相談支援センターなどでアドバイスを貰う方がはるかに賢明です。ブラに入れるパッドなども、院内でボランティアの方が作成している事があります。

無用な出費やトラブルは心の負担でしかありません。信頼できる情報かどうかを慎重に見極めて下さい。抗がん剤治療への対処は、何一つ焦る必要はありませんから。

●抗がん剤の使用例

小細胞がん(肺がん)では、遺伝子の合成に関係しているタンパク質の働きを抑制する薬と、遺伝子そのもに結合して細胞分裂を抑制する薬を組み合わせます。
posted by 風と空 at 11:07| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。